探偵業界の裏事情


全国には約3000社以上の探偵社・興信所が存在していると言われています。
探偵社を経営するには、免許・資格などは一切要りません。唯一大阪府だけが届出制度を導入しております。
また、経済の冷え込みから他業種からの転職で探偵社を簡単に開業するケースもかなり増えてきているようです。しかし、探偵業界も不況の影響は受けております。実際に探偵社を開業しても、3年以上存続する確率は3分の1以下ではないでしょうか。

皆さんが、探偵社に調査を依頼しようと考えたとき、どういう基準で選ばれるのでしょうか?どこの探偵社がリーズナブルでそれに見合った高い調査力を持っているのは判断出来ないですね。
探偵業界は、知名度を上げるための宣伝活動が極端に規制されております。
ですから、探偵社は限られたスペースでいかに顧客獲得しなければならないのか常に他社と激戦しております。実際にNTTタウンページをご覧頂ければわかります。他業種より、飛びぬけて巨大広告の枚数が多いです。


ココでポイント

巨大な広告を出す為には高額な広告料が必要になります。
即ち、調査料金が高額にならざるおえない。



これは間違いです
×大手企業だから調査をまかせたら安心。
×どこに頼んでも料金は変わらない。
×小さな探偵社は調査がヘタクソ。


実際に、大手の探偵社の調査員は入れ替わりガ激しくベテラン調査員は多くありません。また、探偵学校などを出たばっかりの経験の浅いフランチャイズ経営をしている個人事務所もあります。
しかし、多くの優秀な調査員は独立して個人事務所を経営している場合が多いです。当社もそうであります。当社は、調査現場に5年以上出ているものを各調査の責任者としております。あらゆる場合を想定し確実・スピーディな調査お届けします。

これから、ご依頼をお考えの場合は、皆さんと窓口になる相談員もしくは探偵と、調査方法・料金・アフターケアなどを、じっくりと話し合い、探偵社を選んで下さい。
HOME
Copyright aikl detective office,All right reserved,